s+arts

1987年神奈川県藤沢市にて、現代アートの企画画廊「湘南台画廊」を開廊。2005年より海外アートフェアへの出展を開始し、2008年に海外の方にも分かりやすく、アクセスの良い六本木に、第二のスペースとして「Shonandai MY Gallery」(2017年9月よりShonandai Galleryに改名)をオープンしました。
国立新美術館から徒歩1分、サントリー美術館(ミッドタウン内)、森美術館の六本木アートトライアングルと呼ばれる中心地に位置します。

2019年1月「s+arts(スプラスアーツ)」としてリニューアルオープン。

国内での展示の他、年間6~7回のインターナショナルアートフェアへの出展 (主に台湾、シンガポール、香港、マレーシア、インド等のアジア圏、その他はパリ、ベルギー、イタリア、NY等) や、海外提携ギャラリーでの展示を行っています。また、宿泊施設やレストラン等へのアートディレクション等、幅広くアーティストの作品を紹介しているギャラリーです。


s+arts

Shonandai Gallery, specialized in contemporary art, was opened at Fujisawa city in Kanagawa prefecture in 1987. Started exhibiting in overseas art fairs from 2005. In 2008, opened Shonandai MY Gallery as the second space in Roppongi, where is known and easy access for foreigners. Located in the center of Roppongi Art Triangle surrounding the Suntory Museum (Midtown), Mori Art Museum, the National Art Center which is 1-minute walk away. In January 2019, the gallery will be relaunched as “s+arts (splusarts)” in Roppongi. (The gallery location will be no changed.)
In addition to the exhibitions in Japan, the gallery has been actively participating in international art fairs six to seven times a year (Taiwan, Singapore, Hong Kong, Malaysia, India, Paris, Belgium, Italy, New York, etc.), and exhibitions at cooperated galleries in abroad. The gallery also introduces artworks from a wide range of artists with art direction to accommodations and restaurants.

Shonandai MY Gallery 10th Anniversary Exhibition / 2017

Shonandai MY Gallery 10th Anniversary Exhibition / 2017